なぜ形だけでは駄目!?人相占いは周辺もチェックしよう!

人相占いは、顔の表情だけではなく、瞳や目の形で性格を判断することが出来る便利な占いです。
話すときは目を見るのが基本と言われているように、そのタイミングで相手を診断してみると良いでしょう。
ただ、形だけでは十分に結果が出ない場合もあるので、今回はその理由をご紹介します。

目と瞳以外を見る理由

目の大小でも相手の性格を判断することは可能ですが、実はそれだけでは不十分です。
目の形に該当したからと言っても、性格が当てはまらないのはそのためで、細部まで占断する必要があります。

具体的には、目の人相を占うなら「周辺」「均整」「間隔」など、目と瞳の大小以外にも見て総合したもので占い判断すると、より精度の高くなります。

眼光が真逆の性格を生むことも

全ての事柄が該当しても、眼光の強弱で性格が真逆になることもあります。
眼光が強いと遺志が強く、他人の言動に動かされない性質を持ちます。
反対に、眼光が弱いと自身の気分に動かされてしまう性質があります。

ただ、眼光はあまりに過ぎると、大らかな気持ちや他人を思いやる気持ちが無くなるものです。
目の診断は初対面の相手に効果的なものである他に、眼光によって、人間性も判断が可能となります。


傷や出来物があると運が変わる

現在の状態から、運勢が変化するのは傷や出来物でも影響されます。
なので、整形をして顔を変えても運勢は変動します。
占う相手の近未来や盛衰は、目や周辺だけでもチェックすると分かります。

ページ上に戻る